赤ちゃんが便秘になってしまった!

赤ちゃんが便秘になってしまった!

生後6カ月の子がいるのですが、もう何日もうんちが出ていません。

新生児期は一日何回もうんちをしていましたが、新生児期が過ぎると一日一回から二回に落ち着きました。

今まで一日出なかったことはありましたが、もう3日になるので心配になってきました。

同じくらいの子供がいる友達が、赤ちゃんは便秘になることがあるよと言っていましたが、今まで毎日出ていて快便だったので自分には関係ないと思っていました。

いつも出る時間が決まっていて、だいたい朝にしていました。

赤ちゃんの様子は今までとあまり変わりなく、元気にはしゃいで最近覚えた寝がえりをコロコロとやって笑っています。

便秘だとは感じていないようです。

お腹は少しはっているようでぷっくりとしています。

おならは何回もぷーぷーとしているのですが、なかなかうんちが出てくれません。

何をしてあげたらいいのか全然わからなかったので、インターネットで自分なりに調べてみることにしました。

インターネットで調べてみると、やはり赤ちゃんの便秘はよくあることのようでほっとしました。

原因は色々あるようです。

もしかしたら、最近少し暑くなってきていたので、水分不足になっていたのかもしれません。

母乳で育てているので、毎回どれだけ飲んでいるのか計っているわけではありません。

なので、もしかしたら母乳の量が減っていたのが原因で便秘になってしまったのかもしれません。

これからは気をつけて水分をたくさん取らなくてはいけないな、と思いました。

インターネットで調べてみると色々なサイトがあり、様々な理由から赤ちゃんが便秘になってしまうのだなと勉強になりました。

私も母親一年生なので知らない事がたくさんあります。

でも、今は何でもすぐに調べられるのでとてもありがたいです。

赤ちゃんの便秘対策

特に説明がわかりやすかったサイトを載せておきます。

こんなサイトがあると、私みたいに知らない事がある新米ママさんにはとてもありがたいですね。

赤ちゃんのお世話は大変

赤ちゃんが産まれるまではこんなにお世話が大変だとは思ってもみませんでした。

学校でも教えてくれないし、日頃母親からも教えてもらった記憶はありません。

何が一番大変かというと、毎日ぐっすり寝ることが出来ない事です。

どんなに日中お世話が大変でも、ぐっすり寝ることが出来れば体力も回復するのですが、二時間毎に起こされておっぱいをあげるので朝になっても寝た気がせず、ふらふらです。

赤ちゃんはかわいいなと思いますが、何をしても泣きやまないときはこちらも泣きたくなります。

最近は少しましになりましたが、生後4ヶ月の時は寝かしつけに抱っこでゆらゆらと時間をかけて寝かすことが出来たとしても、布団に寝かせたその瞬間に起きてしまうという事が頻繁にありました。

そうすると、また抱っこからやり直しです。

そんな事が続くと私も疲れてしまって、早く寝てよ、と思ってしまうこともありました。

世間では背中センサーが発動した、というらしいです。

お世話が大変な赤ちゃんですが、大変な分とてもかわいいです。

毎日ずっと眺めているのですがそれでも足りないくらい、ずっと見つめていても飽きません。

最近では声を出して笑ったり、寝がえりを始めたり、以前は反応がなかったおもちゃでも遊ぶようになってきて、かわいさが増すばかりです。

少し前までは、仰向けで両手を上にあげて寝ているだけだったのですが、今では寝がえりをしてコロコロと部屋の中を転がって移動しています。

自分が欲しいおもちゃのところまで行っておもちゃで遊んでいるのを見ると、成長を感じます。

赤ちゃんの成長って本当に早いですね。

足や腕をばたばたさせている事が多いのですが、それは便秘にもとても有効なのだそうです。

足を動かすと、腸の働きが活発になるのだそうです。

まだ寝がえりが出来ない赤ちゃんは、お母さんが足を動かして一緒に運動させてあげてもいいかも知れません。

顔を見ながら触れ合うということもとても大事なことです。

赤ちゃんの便秘に有効なのは

大切な赤ちゃんが便秘になってしまったら心配ですよね。

何が一番大切かというと、便秘にならないように日頃から気をつけてあげることが大事です。

離乳食が始まっている赤ちゃんでしたら、水分をこまめにあげたり、食物繊維が豊富な食材をあげてみてもいいかも知れません。

豆類やいも、ごぼうなど食物繊維が豊富な食材はたくさんあります。

私が赤ちゃんのころは納豆をよく食べていたそうです。

母親も、納豆はにおいがきついので嫌がるかな?

と思ったそうですが、食べっぷりがよかったので驚いた、と言っていました。

納豆はねばねばしているので、離乳食が初期の頃はあげにくいかもしれませんが、煮た大豆などをすりつぶしてあげると良さそうですね。

さつまいもは甘いのでたくさん食べたとも言っていました。

さつまいもなら、離乳食が初期の頃でもすりつぶしやすいのであげやすいですね。

普段あげている離乳食を少し気をつけてあげれば便秘も防ぐことが出来るかも知れません。